2018年6月20日首相官邸で行われた記者会見において、菅義偉内閣官房長官世界保健機関WHO)のゲームの疾病認定について言及しました。

菅義偉
菅義偉内閣官房長官

記者
 WHOオンラインゲームテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる「ゲーム」を新たな疾病として認定しました。これに対して米国ゲーム関連業界団体は反発し見直すようめているほか、またゲーム自体、日本の重要なエンターテイメント産業でもありますが、今後政府としての何らかの対応の検討の可性について教えてください。

官房長官
 今、ご摘をいただいたことについては、WHOゲームを疾病と位置づける際疾病分類の案を表し、来年5月の総会で議論するというふうに報告を受けています。
 一方、ゲーム産業はクールジャパン戦略において重要な産業の一つと位置づけられており、産業の成長分野であるこのように認識してます。こうした産業が成長していくためには、様々な問題に対し適切に対応していることが大事だと思ってます。ゲームは睡眠や学業などの様々な日常生活と関係があるこのようにも摘されています。これまでも精神保健福センターで相談・支援、これを行って来てるところです。
 今後、まずはその実態等について調、研究を行って、その結果を踏まえ対応をしっかりしてまいりたいというふうに思います。

▼下記バナーをクリックで番組ページへ▼